業務内容


by bciobt5x2g

2日ぶり国会、問いかけに答えず=小沢氏(時事通信)

 地方出張から戻った民主党の小沢一郎幹事長は15日午後、都内の個人事務所に立ち寄った後、国会に2日ぶりに姿を見せた。
 夏の参院選選挙区で公認する方向の新人候補2人と幹事長室で個別に面会した小沢氏は、それぞれに「頑張れ」と声を掛け、約1時間で国会を後にした。東京地検特捜部の強制捜査以降、話を聞こうと多数の報道陣が小沢氏を追いかけており、国会を出る際「説明しないんですか」と問いかけられたが、答えなかった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小沢氏辞任の必要ない=外国人参政権は議員立法で−民主の渡部氏(時事通信)
<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え−大阪(時事通信)
第142回芥川賞は該当作なし(読売新聞)
[PR]
by bciobt5x2g | 2010-01-21 09:08